代表ご挨拶

代表ご挨拶

最良のエビデンスから最良のメンタルヘルス対策を

皆様こんにちは。
株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボ代表取締役の原と申します。
私はこれまで、精神科医として、病院やクリニックで様々な悩みを抱える方達の診療を行って参りました。いずれの外来もあふれかえり、次から次へと新しい方 がお見えになり、まるで、底に大きな穴の開いたボートからコップで水を汲み出しているような、無力感を覚えることもありました。

ご縁をいただき、ある会社の産業医を拝命することになり、医師としてはじめて「病院に来る前」の方たちとお会いするようになりました。産業医の業務を通して、病気を未然に防ぐことの大切さや、不幸にも病気になったとしても、迅速かつ適切にサポートをすることで傷口を広げずにすむことができることを本当の意味で知りました。外来の現場で無力感に襲われていた一医師にとって、大きな転機となりました。

予防医学の重要性を改めて認識した私は、再び学徒に戻り、東京大学医学系大学院公衆衛生学専攻の門を叩きました。ここで出会ったのが、川上憲人教授率いる同大学精神保健学講座です。同講座では職場のメンタルヘルスに関する非公開のコース(東大MHコース)を設けていました。東大MHコースでは、職場のメンタルヘルスの専門家が集まり、ある時は知識の教授を行い、ある時は研究について意見交換し、またある時は国などへの提言を話し合ったりと、それぞれのメンバーが高いモチベーションを持って研鑽に努めています。そして、対策に役に立つ良質なエビデンス(研究成果)を出し、対策の中心を担う人材を育成することを目標としています。

コースで議論を重ねるにつれ、各企業が抱えている難しい事例や企業のメンタルヘルス対策を担う外部機関(EAP)が困っていることなど、現在日本を取り巻く様々な問題点が浮き彫りになってきました。何より、情報が錯綜し、どのような対策をとるのがよいのかわかり難くなっている状況があります。また、対策が分かったとしてもどのような人が実務を行うかによっても得られる成果は変わってしまいます。

このような問題をなんとかしようという強いメンバーの想いがあり、この度会社を設立することになりました。「最良のエビデンス」を基に、「最良の人材」とともに、「最良の対策」を提供することを目標に、努力をし続けることをお約束致します。そして、より良い職場がより良い生活をもたらし、日本に、世界に笑顔が増えるよう、社員一同邁進する所存です。

代表取締役 原 雄二郎
精神保健指定医 日本精神神経学会専門医 産業医


今の時代、精神科医が病院で患者を待っていては遅い!!

数ある診療科の中で、未だに精神科ほど、敷居が高い科はありません。そして、残念ながら一度精神疾患に罹患すると、完治するのはなかなか難しいのが現実です。

昨今、職域では急増するメンタルヘルス不調者や自殺の問題、教育現場では不登校や発達障害、キレやすい子どもや落ち着きのない子ども、家庭内ではDVや虐待などなど、社会の様々な場所でメンタルヘルスの重要性の認識が高まっております。

このような中、いかに、健康な方々を病気にさせないか、健康な状態をどう維持するか、それこそが、私たちメンタルヘルスのスペシャリストが果たしていかなければならない課題だと日々痛感しております。

精神科医がメンタルヘルスの専門家として、「医療」の垣根を越えて、病院にとどまらず外にでて、職域で、教育現場で、地域で、それぞれのライフステージに合わせた予防医学を実践していくことがこれから必要になってくるのではないでしょうか。精神科医が病院で患者さんを待っている時代は終わりました。ただ待っているだけでは遅いのです!臨床医として治療をするだけではなく、予防にも責任を持つために現場に出向く、これこそが、これからの精神科医に求められていることだと私は思います。

このような医療の垣根を越えた試みとして設立した弊社が、少しでも社会のお役にたち、皆様が輝かしい本来の人生を過ごせるよう、誠心誠意、全力で取り組んで参りたいと思います。

代表取締役社長 鄭 理香
精神保健指定医 日本児童青年精神医学会認定医 産業医

Copyright© 株式会社 Ds'sメンタルヘルス・ラボ All Rights Reserved.