顧問ご挨拶

株式会社Ds’s(ディーズ)メンタルヘルス・ラボ顧問
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野
教授  川上 憲人

Ds’sとともに 

東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野では週1回「職場のメンタルヘルスコース」を開催して、この領域の専門家の育成および新しい知識や技術の開発を行っています。代表取締役の原雄二郎先生は大学院公共健康医学専攻に在学中にこのコースを受講され、職場のメンタルヘルスの基礎から応用まで多くを習得されました。

このたび原先生が設立された「株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボ」は、このコースの多様な成果を社会へと技術移転する初めての試みです。株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボを通じて、このコースが創出したノウハウをこれまで以上に広く、身近に活用していただけると期待しています。

またわが国の職場のメンタルヘルスを巡るさまざまな新しい課題の解決を、株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボと本コースとの共同で進めてゆきたいと考えています。


株式会社Ds’s(ディーズ)メンタルヘルス・ラボ顧問
北里大学 一般教育部人間科学教育センター

教授 島津 明人

これからのメンタルヘルス対策を実現するDs’s 

少子高齢化、労働力人口の減少、経済危機など、近年の労働環境は大きく変化しています。こうした社会経済状況の変化に伴い、職場のメンタルヘルスに求められるサービスも多様化してきました。メンタルヘルス不調による復職支援(三次予防)、早期発見・早期対応(二次予防)はもとより、未然防止(一次予防)がより重視されるようになってきました。さらに最近では、労働者一人ひとりがいきいきと働くことができる活性化対策も、職場のメンタルヘルスの新しい流れとして定着しつつあります。このような職場のメンタルヘルスにおけるまさに変革期に、Ds’sメンタルヘルス・ラボは設立されました。

 代表取締役の原雄二郎先生は、精神科専門医・精神保健指定医であり、メンタルヘルス不調となった一人ひとりに、きめ細かいケアを提供するための高度な知識とスキルを有しています。また、産業医として、事業場内でのケース対応や組織対応にも豊富な経験を有しています。さらに、公衆衛生の視点から労働者を取り巻く職場環境や組織全体にも目を向け、予防を中心とした対策も得意としています。このように、原先生は、臨床と職場、治療と予防、個人と組織の双方に対応できる大変バランスの取れた視点を持っておられます。

これからの社会の目標は、一人ひとりのこころの健康を向上させることであり、この実現が社会全体の幸福度の上昇につながる、との認識が世界的に広まっています。職場のメンタルヘルスにおいても、労働者一人ひとりがいきいきと働くワーク・エンゲイジメントの向上に向けて、これまで以上に積極的な取り組みが必要になってきました。こうした変革期こそ、原先生のような多様かつ革新的な視点を持つ専門家を必要としていると言えるでしょう。

Copyright© 株式会社 Ds'sメンタルヘルス・ラボ All Rights Reserved.